キャッシング審査の基準について教えてもらえますか

生まれて初めてキャッシングの利用を検討しています。引っ越しをしたり、習い事を始めたりでお金がかかり、少しキャッシングで借入しようと思っています。ただ私は現在派遣社員で給料もあまりよくありません。キャッシングの審査に通るかどうか不安です。キャッシングの審査基準ってあるんですか。落ちるのはどういう場合なのでしょうか。

年収、勤務先、勤続年数、借入履歴などが審査されます

お金を借りる場合、借入先が銀行でも消費者金融でも審査基準というのはほぼ同じです。一般的に年収、勤務先、勤続年数、その他のローンや過去の借入歴を重点的に審査します。年収はその人にどれだけ返済の見込みがあるのか判断するのに最も重要です。それに現在は総量規制という法律ができて借入は年収の1/3までしできないので年収によって借入限度額というのが決められてしまいます。

勤務先はもちろん一流企業とか公務員の方がいいですが、中小企業だからといって借入できないということはありません。通常、キャッシングの申し込みをすると申請した勤務先に在籍確認の電話がいきますので嘘の勤務先などは書かない方がいいでしょう。勤続年収も長いにこしたことはありませんが、1,2年でも絶対に審査に通らないということはありません。最近はステップアップのために転職する人も増えていますし、転職したからといって不真面目などということはありません。

最後のその他のローンと借入履歴ですがこれが審査に一番影響すると思います。その他にローンなどがあると返済ができなくなる可能性は高くなりますし、新たに融資する側としては不安要素になります。また過去に借入履歴があり、返済を滞納したり、債務整理、自己破産などがあると審査に通るのはとても難しくなります。これらの行為はあなたがお金を返さないことを証明するようなものです。質問者様はキャッシング初心者なのでそのようなことはないと思いますが、今後返済の遅れなど信用情報に傷がつくような行為をしないように注意してくださいね。

以上が主な審査内容ですが、審査の厳しさというのは借入先によります。通常銀行よりは消費者金融の方が審査がゆるいと言われています。また銀行の中では都市銀行よりも実店舗を持たないネット銀行の方が審査が緩いです。また審査が緩いほど金利は高くなる傾向にあります。もし質問者様が初めて借入をするのであればまずは銀行のローンなどが一番金利が低くておすすめです。

会社によって違うキャッシングの基準、押さえておくべき共通ポイント

キャッシングをしたい時の審査の基準は、どの会社でも一律ではありません。借り入れができる条件の中に、当社の基準を満たすことというものがある会社もあるのですが、それを見てもわかるように審査基準はその会社ごとに違うため、あの会社で審査を受けたら通ったけど、この会社では通らなかったという可能性もあるのです。そうなると、借り入れをする方としてはどこで審査を受けたらいいのかなど迷うことになりますよね。誰だって、審査には落ちたくないですからね。

ですが、ある共通のポイントを満たしていれば、審査に通ることができるのです。そこで、そのポイントとは何かを見てみたいと思います。そのポイントとは、まずはその会社が定めた年齢制限を満たしたうえで、安定した収入があるということです。実は、会社によって一番違ってくるのが、この安定した収入をどう捉えるかということなのです。

安定した、と言われると、年収も高くなければないけないというイメージがあるかもしれませんね。しかし、多くのキャッシング会社では、正社員として働いていれば安定した収入があると見なしてくれるものです。ただし、正社員であっても就職や転職をして間もない時期には融資をしてくれない会社もあります。

また、派遣社員の人や、パートやアルバイトの人に対する判断は会社によって分かれます。そのため、審査に通る条件としては、ある程度の期間同じ会社で正社員として働いていることと言えますが、派遣社員・パート・アルバイトだからといって諦める必要はありません。その場合は、審査が甘いと言われる会社や、そういった就業形態でも融資可能としている会社を選ぶことで融資を受けられる可能性があるからです。

次に審査のポイントとなるものとして、他に借り入れがあるかどうかについて見てみましょう。まず、これは消費者金融で借り入れを行う場合ですが、他社からの借り入れも含めて年収の3分の1を超えると、法律の定めに従って借り入れができなくなります。銀行に対してはこの法律は拘束力を持たないので関係ないと言えばそうなんですが、たとえ法律は関係していなくても、貸したお金を返してもらえないかもしれないという理由から、やはり他社からの借り入れが多い場合は審査に通らない可能性が高くなります。

それから、審査に通る可能性がかなり低くなる条件として、今までにお金を返す時に返せなかった期間があることが挙げられます。それから、自己破産などの履歴があることもそうです。こういう過去を持つ人が同じことを繰り返すことがないとは誰にも言えませんよね。そのため、融資したくないと考えるのは自然の流れと言えそうです。

つまり、それらのことから逆に考えて、審査に通る条件は何かと言うと、現在までに他社から借り入れをしていないか、借り入れをしている場合現在の借り入れ額が低く、なおかつ返済を滞りなく進めていることであると言えます。

最後のポイントとして、書類の正確性も求められます。嘘をつこうと思ってついたとしたら、もちろん信用できない人だと判断されても文句は言えませんね。例えば年収を多めに申告して借り入れに有利にしようと思っても、それが嘘だとわかれば逆に借り入れはできなくなります。

また、うっかり間違えた場合は、注意力に疑問を持たれ、もしかしたら返済をうっかり忘れたり無計画にお金を使ったりするのではないかと思われ、印象が悪くなってしまうことは避けられません。そのため、申し込み時には焦らないことも必要ですね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《キャッシング》日雇いでもイケる?借りれる業者※一発検索! All Rights Reserved.