住宅ローンによく出てくる35とはなんですか

20代女性です。来年中には挙式予定なのですが同時にマイホーム購入も視野に入れています。まだ住宅ローンについてはあまり調べていないのですがよく出てくるローン35というのは住宅ローンの種類でしょうか。一番人気の住宅ローンなんですか。

フラット35のことだと思います

マイホーム購入いいですね。夢がふくらみますよね。でも住宅ローンのことを調べ出すと一気に現実に引き戻される感じです。住宅ローンはいろいろな金融機関が取り扱っていますがフラット35というのは住宅金融支援機構という公的機関からの融資のことで、民間の金融機関を通して販売されています。フラット35で住宅を購入する人は少なくないと思います。

フラット35にはいろいろなメリットがありますがやはり最大のメリットはその名の通り35年間固定金利ということではないでしょうか。住宅ローンを固定金利にすることはできますが通常ですと変動金利に比べて金利が高めになります。低金利、さらに固定金利ですと将来的に支払う金額がはっきりしますので今後のマネープランをきちんと立てることができます。

もう一つのメリットは団体信用生命保険への加入が義務ではないことです。団体生命保険とは住宅ローンを組む際に金融機関が加入を義務付けている保険で、もし契約者に何かあった場合保険で残りのローンを支払うことができます。そのため残された家族は家を失わずにすむというものです。ただし、この生命保険に入るためには持病などがあってはいけません。それでは持病のある人は住宅ローンが組めないということになってしまいます。その点フラット35ですと持病があっても住宅ローンを組むことができます。また通常住宅ローンで必要な保証料が必要ありません。毎月2500円の保証料を35年間支払うといったいいくらになるでしょうか。そう考えると保証料がないというのはお得な気がします。

しかし、フラット35を利用するためには購入する住宅が一定の水準以上でなければローンが組めません。

フラット35sというのもあり、耐震性や省エネに優れた住宅であれば一定期間金利が引き下げられるというものです。ただし、耐震性や省エネに優れた住宅はコストがかかりますのでどちらがお得と言われると困りますけど。フラット35についてはお近くの金融機関に相談することをおすすめします。購入する物件なども年収に相応しいものを選ぶ必要があるので専門家の意見は必須です。

住宅ローンの種類とは?フラット35とそれ以外の違いを知ろう

住宅を買うことを目的として組むローンのことをまとめて住宅ローンと言いますが、この住宅ローンにもいくつかの種類があります。大きく分けると、フラット35と民間の住宅ローンということにります。民間の住宅ローンの中にはさらに変動金利制・短期固定金利制・長期固定金利制などの種類がありますが、ここではフラット35と民間の住宅ローンの違いについて見てみたいと思います。

まず金利に関してですが、フラット35は長期固定金利制となっています。それに対して、民間の住宅ローンは先ほど挙げた種類の中から選んで利用することができます。金利や事務手数料を比べると、フラット35の方が高めになっています。ただし、民間の住宅ローンの長期固定金利制を選ぶよりはフラット35の方が返済総額は低くなります。

そのため、金利の面だけを見た場合、長期固定金利を希望するのであればフラット35を選んだほうが得になるということですね。しかし、変動金利を選ぶのであればフラット35よりも民間の住宅ローンを利用する方が得になります。また、民間の住宅ローンを選ぶメリットは他にもあります。

民間の住宅ローンの場合、団体信用生命保険という保険に入ることが借り入れの条件となるのですが、その料金が必要とされないことです。この団体信用生命保険とはどのようなものかと言うと、万が一住宅ローンの契約者が亡くなった時には、その後のローンの返済をしなくていいというものです。

あまり考えたいことではありませんが、病気になったり事故に遭ったりするということは誰にでもありうることですよね。そんな時、住宅ローンを払い続けなければならないとしたら、とても大きな負担になります。それを考えなくて済むので、安心な制度であると言えます。

フラット35はこの保険が任意加入となっており、もしこの保険に入りたい場合は別途お金がかかることになります。そのため、加入しないという選択をすることもできますが、万が一のことがあったら誰かが住宅ローンを引き継がなければならないのです。このように見てみると、フラット35のメリットはわかりにくいですよね。

それでは逆に、フラット35のメリットについて確認したいと思います。フラット35は、住宅金融支援機構という公的な性格を持つ機関が関わっているローンです。そのため、民間の銀行のローンよりも審査に柔軟性があると言われています。つまり、フラット35の方が審査に通りやすいと言うことですね。

特に関わってくるのが自営業の人です。自営業の場合、収入の安定を疑問視される傾向があり、民間の住宅ローンの審査には通りにくくなっています。しかし、フラット35は職業を問わず、自営業の人でも組みやすい住宅ローンになっているのです。また、転職直後の人にもこちらの方が有利です。

それから、一人分の収入でのローンが難しい場合、フラット35なら夫婦や親子で協力しての返済がしやすくなっています。さらに、夫婦で合算して住宅ローンを組んだ場合、二人とも住宅ローン控除が受けられますし、妻がパートでも合算できるというメリットもあります。また、民間の住宅ローンは今は金利が安いとはいえ、今後金利が上がった場合はどちらが得になるかわからないという側面もありますね。

以上のことから、フラット35と民間の住宅ローンで大きく違うのは、団体信用生命保険の加入に関してと審査の甘さに関してであると言えますね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《キャッシング》日雇いでもイケる?借りれる業者※一発検索! All Rights Reserved.